日記・コラム・つぶやき

2008.07.14

沖縄館・島唄

 土曜日に連れ合いと仙台市青葉区にある沖縄料理の店「沖縄館・島唄」に行ってきた。5月に波照間に行ったときに泊まった民宿で聞いた、そこの近所に住んでいた人が仙台で初めて開いたという沖縄料理の店だ。
 小さなビルの二階にあるその店は、5人くらい座れるカウンター席と、4人用のテーブルがひとつ、それに長テーブルが1つあって、十数人で満席というこじんまりとした店だった。事前に電話で予約したので、二人分の席が確保されていたが、すぐに満席になった。オーナーの加屋本正一さんに、波照間の民宿に泊まったときに店のことを聞いて来たのだと言うと、「ゆっくりしていって下さい」といわれ、後でジーマミー豆腐がサービスされた。

 飲み物はビールはキリン(だったと思う)かオリオンビールの缶、ジュース、あとは何種類もの泡盛。とりあえず、オリオン・ビールで乾杯。最初に、つまみ盛り合わせ(スクガラス豆腐、島らっきょう、ミミガー、豚肉の塩漬け)を注文し、それからメニューを見ながら、沖縄のお好み焼き「ひらやーちー」、アオサのてんぷら、タコライスなどを追加した。全て満足できる味だった。

 料理が一段落した頃、三線教室も開いているというオーナーが、壁にかけてあった三線を手にして、ミニライブが始まった。誰でも知っている「安里屋ユンタ」から入り、あとは忘れたけれど、やはりよく知られた歌をいくつか歌った。リクエストにこたえて、「島人ぬ宝」と「島唄」、最後に常連客の一人が「カチャーシー」の踊れる曲をリクエストし、全員…ではなく半数くらいだったが、カチャーシーを踊ってしめくくった。
Kayamoto

 隣のテーブルにいた男性二人連れのうち一人は、最近波照間に行ってきたようで、ノートPCで写真を見せながら旅行の様子などを話していた。私たちも波照間に行ったことがあるとオーナーの加屋本さんが紹介してくれたのをきっかけに、彼らとの「ゆんたく」が始まり、もうひとりの、その店の常連という方から、ダイビングの話などを聞いたり、いろいろ話がはずんだ。
 気がついたら最終電車の時間がせまっていた。オーナーは、別の客と三線の手ほどきをしていたようだったが、あわただしく勘定をすませて、名残を惜しみながらその店を後にした。
Simauta

 そのうちまた行きたい店だ。泡盛を全種類試すには何十回も行かないと不可能だが、料理のメニュー全てなら、あと4~5回ほど行けば、可能だろうか。

   沖縄館・島唄 TEL 022-268-6091
   仙台市青葉区国分町2-8-12 パインガーデンビル 2F
   営業時間 18:00~翌2:00

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.06.22

 先週の日曜日、連れ合いと海水浴場に行ってきた。

 天気も良く、家族連れ、カップルや、サーファーなどが浜辺に来ていた。
 連れ合いには久しぶりの海になるだろうか。昨年の夏に八重山に行って以来だ。

 「海っていいね、あなたの沖縄に住みたいという気持ちが分かるような気がするわ…」

 「定年退職後に沖縄に住むというのもいいけれど、マンションはどうするの」

 突然、夢と現実の両方の話をする連れ合いに、戸惑いながらも少し嬉しく感じる日曜の午後だった。Fukanuma0615


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.06.17

日常と非日常の間で…

 地震の翌日。マンションの非常階段から西の山を眺めた。
 太陽が太白山に沈んでいった。

 18倍ズームコンパクトデジジカメの広角と望遠で撮ってみた。

Wide


Zoom

 やはり18倍ズームはすごい。35ミリカメラ換算で28mm~504mmをカバーしているわけだから。
 オートフォーカスが効かないことがあったり、画質が今ひとつなのは、しょうがないか。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩手・宮城内陸地震

 6月14日、PCに向かっていたら、ラジオで緊急地震速報が流れた。地元民放ラジオでは先週から運用開始したばかりで、また宣伝か?と思っていたら、揺れ始めた。すぐに大きな揺れになったが、火は使っていないし、上から物が落ちる心配もないので、そのまま座っていた。幸い、何も落ちなかった。
 すぐにテレビをつけた。すぐにつけたつもりだったけれど、すでに地域震度と震源の地図が表示されていた。震源は岩手県南部ということで、ちょっと安心。 宮城県沖地震であれば、こんなものでは済まないと思ったからだが。
 ラジオとテレビをつけたままにして情報を聞いた。しばらくして外を見ると車は普通に動いていたし、歩行者も慌てている様子でもなかった。
 また緊急地震速報が流れ、ラジオ局のスタジオで揺れを感じたとのアナウンス。その後すぐに、前よりも弱いけれど、揺れが来た。うろたえているわけではないけれど、何をしたらよいか分からないので、とりあえず、ラジオとテレビで情報収集。

 そのうち、子どもたちから安否確認のメールが入ったので、返信。ついでにiモード災害用伝言板サービス を利用してみた。早速、県内の娘も利用したようで、メッセージが登録されたという通知と登録内容が着信した。

 その日は夕方あたりまでJRは新幹線、在来線ともストップ。市営地下鉄も昼過ぎまで運休。高速道路も宮城県内などは点検のため閉鎖という状況だった。仙台空港は問題なしとのこと。
 午後からは前から予定のイベントがあって、幹事役なのでサボるわけに行かず、普通であればJRと地下鉄で行くところにバスと地下鉄で出かけた。そのイベントには数人が地震のため欠席ということだったが、事情を聞いた関係者が急遽参加ということになり、最終的には予定人数で催行された。

 その後、地震の被害状況が次第に明らかになっているが、改めて地震の恐ろしさを実感している。宮城県沖地震に本気でそなえなくては…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.07

春の丘

 連休最終日の昨日、どこにも出かけないと連れ合いから何か言われるので、近くの小高い丘に行ってきた。
 
Tenbou


 遊歩道にいくつか花が咲いていた。

Tigoyuri
 これはチゴユリ

Mamusi

 まむし草

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.08

ベランダからニシ浜が?

 すぎ花粉を吸いたくないので、ひきこもり気味で生活していると、鬱になりそう…
 昨年の今頃はジャガイモを植えていたけれど、今年は、まだ畑のほうは何もしていない~

 気晴らしに、写真をいじって遊んでみたが、細かいところが上手くいかない。マウスでは、無理がある?

Nisihama0

 うちのベランダの前がニシ浜……なわけないか

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.23

月を撮る

 良い天気とは、何を基準に言うのかと、ラジオで言っていたが、確かに晴天ではあっても、すぎ花粉アレルギー患者には、この時期晴天が必ずしも良い天気ではないわけで…
 そういうわけで、昨日も「ひきこもり」の一日になりそうだったが、会合があったので、仙台駅方面まで出かけた。帰りに駅舎の上に丸い月が出ていたので、撮ってみた。望遠にしても撮ってみたがピントあわず。

Moon_eki

 家に帰ってベランダから再挑戦。でも、やはりピントがうまくあわない。コンパクトデジカメだから、この程度でしょうがないか…

Moon

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.03.19

ほやを捌いてみた

 買い物に母を連れて行ったばっかりに、ほやをさばくことになった。
 食べたいのは分かるけれど、活ほや一個198円というのは、高すぎるし、捌くのはいったい誰なのよ……とぼやきながら。

 一昨年の今頃にほやを捌いた記憶がある。あのときは八食センターのサイト(http://www.849net.com/)でほやの捌きかたを見た。
Hoya00

 プラスとマイナスの突起部分があるのだけれど、どちらを先に切り落とすのか忘れたので、またサイトで捌きかたを見てみた。プラスの突起部分を切り落として、切り口から中の汁(胎水)を絞り出して……
 少し思い出した。でも、今回は面倒だから真水で洗ってはいけないのだけれど、水で内臓や糞を洗い流した。最後に胎水で洗ったからいいのではないかと思ったが、やはり少し水っぽくなってしまった。

 安くなったら、もう一度やってみなくては。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2008.01.28

ボランティア感謝の集い

 昨日、ベガルタ仙台ボランティア感謝の集いがあったので行ってきた。ボランティア・クラブという自主組織になったとは言え、活動に関する費用はほとんど会社(東北ハンドレッド)負担であり、この感謝の集いも、ボランティアが招待されるというかたちで実施されているもの。
 当日は、この集いの前には結団式・激励会が、後には県サッカー協会主催の激励会が開かれていた。この日ばかりは、選手やスタッフはサポーターにサービスするという、普段ピッチでは見せない姿を披露していた…と思う。
Vvol

 河北新報のサイトによると、 スポンサーからは「J2のままでは賞味期限切れ」などと厳しい激励が送られたらしい。手倉森監督は、「ますます味の出るチームにしたい」と切り返し、「現場だけでなくスポンサーやサポーター、フロントら全員が『チームを良くしよう』との気持ちを持てば、昇格の目標は達成できる」と協力を求めたとのこと。

 J2は、毎年1つか2つ飛びぬけて強いチームがあるが、ほかは実力の差はあまりなく、勝ちゲームを残り数分でドローにされるなどということが減れば、ベガルタ仙台のJ1復帰も夢ではないと思うのだが… 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.01.05

迎春

 今年もすでに始まってしまっているが、とくに何もないのでブログは更新しなかった。誰かが待ち望んでいるということであるわけもないし…

 とりあえず、年賀状をアップしておく。今年もよろしくということで。

Nenga08


 今年は、まず、捨てるものは捨てて身軽にならないと。いつでも「離島移住計画」を実行できるように。と言っても、まだ計画は白紙状態なのだけれど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧