宮城の自然・歴史

2009.09.05

10mダイブ@無人島ツアー

 ココログでもビデオが載せられるのを知らなかった。
 編集なしのビデオをのせてみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.09.04

夜光虫&無人島ツーリング (詳報 作成中)

 ツアーは仙台市内の小さな会社主催で十数年前から実施しているとか。ガイドでカヤックのインストラクターは、なんとそこの社長さんだった。
 塩釜マリンゲートからはチャーター船で桂島の石浜に直行した。市営汽船で行くと、途中で2つの港に寄るので時間がかかるのだとか。でも、10人乗って11000円では、赤字ではないかと心配してしまった…

 松島シーカヤクハウスは石浜から歩いて数分のところにあった。道中で社長さんと話をしたが、なんでも老後はこの島に住みたくて、畑を借りたのだが、来る暇がなくて雑草だらけなのだと、途中でその土地を示しながら話してくれた。でも、島には病院がないから、病院通いが必要になる70才代には無理だろうね、と言っていたが、ご本人はなんと四捨五入すれば70歳になるという年齢だった。
(…この記事はまだ作成途中です……)
01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.08.25

夜光虫&無人島ツーリング

 週末に、ようやく遅い夏休みを満喫してきた。グータラ主夫は毎日が日曜日で、夏休みなんてないのだけれど…。

 以前から松島でシーカヤックをしてみたいと思っていたが、ようやく実現。塩竈市の浦戸諸島で、夏季に実施されている「夜光虫& フリータイムツーリング 1泊2日」に参加した。

 夜光虫は、あまり期待していなかったためか、すっご~~く良かった。夜の真っ暗な洞窟で夜光虫の光り輝く様子は、感嘆の声をあげずにはいられなかった。(真っ暗闇でないと見ることができないので、当然、普通のカメラでは撮ることは不可能らしい)
06

 翌日のフリータイムツーリングは、気象条件が良かったので、カヤックで30分の無人島に行った。10mの断崖からのダイブに挑戦したが、いままで味わったことのない、表現できない感情を経験した。
P8230190


P8230191


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.15

YAHOO!地図

 こういうサービスがあるのを最近知った。
 4月に行った浦戸諸島を作ってみた。それを貼ってみる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.04.17

三度目の浦戸諸島

 4月12日(日)宮城県塩竈市浦戸
 三度目の浦戸は、市営汽船で朴島(ほうじま)まで行き、タブノキの原生林と菜の花畑を見るのが一番の目的だった。
 船は朴島で折り返しになるので、約20分の間に港まで戻らないと、次の便まで1時間20分待たなければならなくなる。道案内がなかったが、同じ船から降りた島人が、まっすぐ行くとのぼりになっているから、その先ですよと教えてくれた。
 その通りに行けば問題なかったのに、神社が見えてその後ろが少し小高くなっている感じがしたので、その後だろうと早合点し、そちらにまがってしまった。すぐに行き止まりとわかったが、時間を少しロスしてしまい、よけい慌しかった…
 
 黄色い絨毯は想像していたものより少し小さい感じがしたが、その後のタブノキの原生林が存在感を誇示していた。
006


008

他の写真は、旅行ブログで!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.10.18

鮭の溯上!

 昨日、畑に行く途中で名取川の太白大橋に寄り道してみた。昨年は11月中旬に河原に下りて鮭の溯上を見たのだ。そのときは、河原や流れの浅いところには何匹か鮭の死骸があった。

 今年はいつ頃見られるかと、ときどき太白大橋の上に行って見ていたが、ようやく、二~三尾だけ泳いでいるのが確認できた。

 写真も撮ったがピンボケや水面の反射などではっきり判別できるようには写っていなかった。 ピクチャー・マネージャーで少し修正してみたら、なんとか見えそう。
Salmon1
中央、左上あたりの白い斑点2つがメスの鮭のはず。
Salmon2
 これでは、写真中央あたり。

Peanut

 畑では落花生を試しに掘ってみた。それなりに実がついていたので、4株抜いて、帰ってから半分を乾燥させることにして、半分を塩茹でにした。3%の食塩水で約1時間茹でて、30分そのまま放置。ちょっと殻が固かったが、塩加減はまあまあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.10.13

一年ぶりの浦戸諸島

 昨日、天気が良かったので、再訪したいと思っていた松島湾の浦戸諸島へ行った。
 仕事で一度行ったことがあるらしい連れ合いと一緒に行った。どの島に行ったかははっきり覚えていないと言っていたが、行って見て、今回の目的地の野々島だったことが分かった。

 出発が遅れ、最近出来たアウトレット・パーク付近の渋滞にまきこまれ、桟橋に着いたときは予定した船がちょうど出航した時だった。

 結局、島への滞在時間は約1時間しかなかったが、それなりに収穫はあった…と思う。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.10.07

網地島の休暇

 秋の彼岸の飛び石連休に連れ合いが休暇をとれたので、実家の墓参のついでに、網地島に一泊旅行に行った。マンションから、ときどき牡鹿半島や金華山が遠望できるということなどで、前から一度行ってみたかったところだ。
 天気予報は数日前からころころ変わり、結局当日は予報よりも悪く、朝から雨だった。天気がよければ早めに行くところだったが、石巻市内の(と言っても、網地島も合併されて石巻市になった ^^;)石ノ森萬画館に寄って、鮎川でゆっくりランチをとって(鯨カツ定食!)から行ったので、網地島のペンションにチェックインしたのは15時半頃だった。

 ペンションは網地白浜海水浴場のすぐ上に位置し、庭からは正面に隣の田代島が見え、右手には遠くに石巻の製紙工場のエントツ、左手には、松島の島々や仙台平野のエントツやビルなどが時々見えた。
0922isinomaki


0922seisiko


0922sendai


0922kannnon

 旅行ブログにほかの写真も載せてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.06.07

イグネ

Igune

 仙台平野の水田地帯に、島のように浮かぶ緑の屋敷林がある。家屋を包み込むこの屋敷林を人々は親しみを込め「イグネ」と呼び、長く守り育ててきた。
 NHKスペシャルで放映された仙台市若林区長喜城が比較的規模も大きくて有名だが、太白区柳生にも、住宅化の流れに飲み込まれそうになっているとはいえ、まだ「いぐね」がいくつか点在している。

Igune2

 この写真は、2月に名取市の熊野那智神社に行ったときの神社付近からの展望。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.18

白石川堤の一目千本桜

 水曜日に宮城県白石川堤の一目千本桜を見てきた。一昨年、桜が終わった頃に迷って行ったところで、桜の時期に行くのは初めて。翌日あたりから天気くずれるとのことで、駆け込みの見物客が多いのか、平日だったが比較的混雑していた。駐車場へ入る車が数珠繋ぎになっていた。
Sakura_zao


| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧